DE | EN | FR | ES | RU | CN | JA  
BVKBVK

知っていると便利な豆知識

ピアノに適した環境とは

グランドピアノもアップライトピアノも、湿度が40%から65%の間を推移する安定した気候が理想的です。1950年以前製造の楽器については、45%を湿度の下限とすべきでしょう。気温の変動に従い、湿度が変わるので、気温の変動は最小限にとどめられるべきです。大きな変動は、楽器の調律、アクション機能に影響を与え、最悪の場合には響板の破損につながります。

床暖房は、グランドピアノの下に、暖かい空気が溜まり込み、響板が偏って乾燥する危険があります。その結果、響板にひびが入り、非常に手間のかかる修理を行う必要が生じることもあります。


詳細は、価値を大切に と暖房設備 の章をご覧ください。



           © 2017 German Association of Piano Manufacturers